スティーブジョブズ - ブランドマーケティングの極意

Youtube でみた Steve Jobs のスピーチがとても素晴らしい内容だったので、内容を和訳しました。 Appleがやった "Think Different" キャンペーンの立ち上げ時のスピーチです。 喋り方、韻の踏み方など、スピーチの勉強にもなりますのでぜひ動画ででみてみてください。

以下翻訳です。


Steve Jobs Think different
To me, marketing is about values. わたしにとって、マーケティングとは、バリューをいう。
This is a very complicated world; it’s a very noisy world. 世界はとても複雑で、ノイズまみれだ。
And we’re not going to get a chance to get people to remember much about us. No company is. そして、僕たちについて、人々に多くを覚えてもらうことはできない。どんな企業でもだ。
And so we have to be really clear on what we want them to know about us. そのため、僕たちについて知っておいて欲しいことは、とにかく明確にする必要がある。
Now, Apple fortunately is one of the half-a-dozen best brands in the whole world. 現在、幸運にも、アップルは世界で最高のブランドのうちの一つに数えられる。
Right up there with Nike, Disney, Coke, Sony, it is one of the greats of the greats. ナイキ、ディズニー、コーク、ソニーなどに続く。これらは最高中の最高のものと言える。
Not just in this country but all around the globe. この国だけではなく、全世界中でだ。
And – but even a great brand needs investment and caring if it’s going to retain its relevance and vitality. そして、しかしこれらの偉大なブランドであっても投資と世話が必要だ、もしその整合性や活力を保つつもりならば。
And the Apple brand has clearly suffered from neglect in this area in the last few years. And we need to bring it back. そして、アップルブランドは、ここ数年間、このエリアでは明らかに無視されてきた。僕らはこれを復活させなければならない。
The way to do that is not to talk about the speeds and fees, it’s not to talk about MIPS and megahertz, it’s not to talk about why we’re better than Windows. その方法は、スピードや料金について語ることじゃない。MIPSやMHzについて語ることでもないし、どうして僕らがWindowsよりも優れているかを語ることでもない。
The dairy industry tried for twenty years to convince you that milk was good for you. 食品業界はミルクがいいものだと、20年間に渡って説得しようとしてきた。
It's a lie but they tried anyway. それはウソだけど、でもとにかくやろうとした。
And the sales were going like this. 売り上げは、こんな感じだった(下降しているジェスチャー)。
And then they tried Got Milk and the sales are going like this. そして "Got Milk" を始めると、売り上げは、こうなった(上昇しているジェスチャー)。
Got Milk doesn’t even talk about the product – as a matter of fact it focuses on the absence of the product. "Got Milk" は製品については全く語っていない ー 実のところ、製品がないこと、にフォーカスしている。
But the best example of all and one of the greatest jobs of marketing that the universe has ever seen is Nike. でも今まで宇宙で目撃された最も優れている偉大なマーケティングの仕事のうちの1つでその最高の実例は、ナイキだ。
Remember, Nike sells the commodity. They sell shoes. 思い出して欲しい、ナイキは日用品を売る。彼らは靴を売っている。
And yet when you think of Nike you feel something different than a shoe company. だけれどナイキについて考える時、何か靴の会社とは違う感情を感じる。
In their ads, as you know, they don’t ever talk about the product, they don’t ever tell you about their air soles and why they're better than Reebok’s air soles. 彼らの広告では、ご存知のように、製品については一切語らない。エアソールについても一切語らないし、どうして彼らがリーボックのエアソールよりも優れているかも全く語らない。
What is Nike doing in their advertising? ナイキは、その広告の中で何をしているか?
They honor great athletes and they honor great athletics. 彼らは、偉大なアスリートを称え、偉大な競技に敬意を示す。
That’s who they are, that’s what they are about. それが彼らが何者であるか、彼らが何をしているかだ。
Apple spends a fortune on advertising. アップルは広告に莫大な富を費やしてきた。
You'd never know it. You'd never know it. 君らはそれを知らないだろう。きっと知らない。
So when I got here, Apple just fired their agency we're doing a competition with twenty-three agencies that you know four years from now we would pick one and we blew that up and we hired Chiat-Day – the ad agency that I was fortunate enough to work with years ago. で、僕がここにきたとき、アップルは彼らの代理店を解雇したばかりだった。23の代理店で競争を行い、そして一つを選び、採用したのが、Chiat-Dayだ。この広告代理店とは、数年前に幸運にも一緒に仕事ができた。
We created some award-winning work including the commercial voted the best ad ever made – "1984," by advertising professionals. 僕たちは、これまでに作成された最高の広告と投票された「1984」を含む仕事をしてきた。
And we started working about eight weeks ago and the question we asked was: そして、8週間前に仕事を始めたときに、僕らが尋ねた質問は:
Our customers want to know who is Apple and what is it that we stand for? 僕たちの顧客は、アップルとは何者かを知りたがっていて、そして僕たちは何ものなんだろうか?
Where do we fit in this world? 僕たちはこの世界のどこにいるんだろうか?
And what we are about isn’t making boxes for people to get their jobs done, although we do that well. 僕らが何であるかは、人々に仕事を完了させる箱を作ることじゃない、僕たちはそれを非常にうまくやるけれど。
We do that better than almost anybody in some cases. あるケースでは、僕たちはそれをほとんど他の誰よりもうまくやる。
But Apple’s about something more than that. だけど、アップルは、それ以上の何かだ。
Apple at the core – its core value is that we believe that people with passion can change the world for the better. アップルのそのコア、コアバリューは、情熱を持った人々は世界をより良いところに変えていける、という信念だ。
That’s what we believe. And we had the opportunity to work with people like that. それが僕らが信じていることで、僕らはそんな人たちと一緒に働く機会をを得られた。
We have the opportunity to work with people like you, with software developers, with customers who have done it in some big and some small ways. 僕たちは、あなたと同じような人々、ソフトウェア開発者、そして大小さまざまな方法でそれを行った顧客と協力する機会がある。
And we believe that in this world people can change it for the better. そしてこの世界では、みんながそれを良くしていけると、僕たちは信じている。
And that those people who are crazy enough to think they can change the world are the ones that actually do. そして、自分は世界を変えられると思うほどにはイカれてる人たちが、それを実際にやってのけるやつらだ。
And so what we’re going to do in our first brand marketing campaign in several years is to get back to that core value. そう、そして僕たちがこれから数年をかけてやっていくブランドマーケティングキャンペーンは、そのコアバリューを取り戻すためにある。
A lot of things have changed. いろんなことが変わった。
The market is a totally different place than it was a decade ago and Apple is totally different. マーケットは10年前とは完全に違うものだし、アップルも全く違う。
Apple’s place in it is totally different. アップルのその中でのポジションは完全に違う。
And believe me, the products and the distribution strategy and the manufacturing are totally different and we understand that. 信じて欲しいが、製品、流通戦略、工業も完全に違う、そして僕らはそれを理解している。
But values and core values, those things shouldn’t change. だけど、バリューとコアバリュー、これらの物事は、変わっちゃいけない。
The things that Apple believed in at its core are the same things that Apple really stands for today. アップルがコアの部分で信じていたもの、それらは今日アップルが体現していることと、同じものだ。
And so we wanted to find a way to communicate this and what we have is something that I am very moved by it – it honors those people who have changed the world. それで僕たちはこれを伝える方法を、見つけたいと思っていた。そして僕たちが手にしたものは、とても感動的なものだ - それは世界を変えた人たちを称えている。
Some of them are living and some of them are not, but the ones that aren’t, as you’ll see, we know that if they’d ever used a computer it would have been a Mac. 生きている人もいるし、そうでない人もいる。でもそうでない人たちは、これから見るように、彼らがコンピュータを使うことがあるとしたら、それは Mac だってことが僕たちにはわかる。
And the theme of the campaign is “Think Different”. そしてこのキャンペーンのテーマは、"Think Different"。
It’s the people honoring the people who think different and who moves this world forward. それは、並外れた考えを持って世界を前に進める人々を称える人々についてのものだ。
And it is what we are about. そしてそれが、僕らが何をしているかだ。
It touches the soul of this company. それは、この企業の魂に触れる。
So I’m going ahead and roll it and I hope that you feel the same way about it that I do. これから回すので、みんなが僕が感じるのと同じように感じてくれることを願っている。
Last Updated: 6/6/2020, 12:13:00 PM